日本薬学会第141年会で発表

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本薬学会第141年会(オンライン開催)において

「BASP1(brain acid-soluble protein 1)のN末端ミリストイル化ドメインは抗腫瘍活性を有する」

という演題で松原がポスター発表しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です