2020年大晦日(新型コロナ・大学の異動など忘れることのできない1年)

今日で2020年も終わり。
今年は本当に忘れることのできない1年になった。

先ずは何と言っても新型コロナウイルスによって、日本が世界が、そして自分の身のまわりの生活様式が全く変わってしまった。
2月末あたりから徐々にその影響がでだして、3月の大学全体での卒業式の中止を皮切りに様々な行事が無くなってしまった。3月に退職し4月から新天地に行く身となった自分にとって、送別会も全くなく、京都先端科学大学(京都学園大学)で14年間お世話になった方々にしっかりと挨拶もできないまま去ってしまうという状況になってしまった。そんな中でも多くの先生方や在学生、卒業生からは暖かい言葉をかけてもらい、14年間全力で教育・研究に頑張ってきたことが報われたと感じた。

20年間の単身赴任生活にピリオドを打ち、4月からは地元の名古屋に戻り岐阜医療科学大学に新しく開設された薬学部で働くことになった。自分にとっては出身学部である薬学部にこのタイミングで戻れたのは非常に運命的であり、気持ちを新たに教育・研究に取り組むのにも最適であると感じた。一方で、新型コロナウイルスの影響で、新しい学部に希望をもって入学してくれた学生さんや共に働く先生方との最初の交流もままらない状況で始まるという異例なものとなってしまった。1期生の桜の下での入学式が出来なかったのは本当に残念でならなかった。

6月に初めて対面で1期生と会い、徐々に大学の授業などもコロナ禍で様々な対策をしながらの始動となった。やはりキャンパスに学生が来て頑張っている姿をみるとこちらも元気がでた。他の大学では未だにオンライン授業が中心であるということを聞くと、地方の医療大学のメリットはこういう面であるのだと感じた。後期からは薬学科と看護学科の生化学の授業や実験なども本格的に始まり、コロナ禍においても我々の大学では教育は問題なく普通に行われていることに感謝ししている。

教育・研究の立ち上げとともに、大学内でのPCR検査に参加させてもらったりと少しばかりであるが大学に貢献できたことも良かった。薬学部の他の教員の先生方のポテンシャルも高く、また事務職員の方々も本当に優秀な方ばかりでとても助けられている。今後、ここでいろんな成果を出していきたいと思っている。

ここ最近は、私立大学で働いているということもあり、どうしても教育中心と大学運営側のほう(教務主事や教育開発センター長など)での仕事が多く、その中で卒論生や大学院生を指導して自分の研究成果を発表していくという状況であった。従って、はっきり言って、その前に在籍していた研究に特化していた大学の研究所や理化学研究所、製薬企業、バイオベンチャーに居た時の研究成果と比べると、かなり貧弱なものになってしまっている。そのあたりは言い訳をしてはダメだと反省して、以前に肩を並べるくらいの成果を出していかなければならない。幸い、こらまでの卒論生や大学院生の成果はかなりいい形で溜まっているので、それを早く世の中に出すのが2021年に向けた自分への約束になるだろう。また、以前から世界的には認められているミリストイル化タンパク質の一連の仕事については、自分で少しずつ手を動かしてもうひと花咲かせたい。

まだまだ新型コロナが収束するのは先のことだと自分の中では思っている。そんな中でも、2020年という劇的な変化のあった年を忘れず、またそこで経験したことを生かして、来年以降にいい形で繋げていきたい。

異動のご挨拶

令和2年4月1日付けをもちまして、岐阜医療科学大学に新設されました薬学部・薬学科の生化学・分子細胞生物分野の教授として就任しました。

京都先端科学大学・バイオ環境学部在職中は公私にわたり格別のご厚情を賜り心より御礼申し上げます。

岐阜医療科学大学は岐阜県唯一の医療総合大学として、これまで多くの優秀な医療人を輩出してきました。今回の薬学部設置を機に、より一層、地域医療に貢献する医療総合大学としての使命が高まることになります。また、薬学部新棟には最新の施設・機器が備わり研究面においても期待されております。

2020年に放映中のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」で紹介されているように、京都先端科学大学がある京都府亀岡市は明智光秀が亀山城を築城した街でしたが、岐阜医療科学大学薬学部がある岐阜県可児市は、なんと明智光秀が生誕したといわれている街ということで何か縁を感じています。

新天地におきましては、これまで培ってきた経験を生かし、微力ではありますが新学部の教育・研究のために全力を尽くす所存です。特に教育では、高度な知識を持った薬剤師を育てるとともに、薬剤師国家試験に全員合格という高い目標を掲げて取り組んでいきたいと思っております。また、研究においては、これまで取り組んできたオリジナル研究をさらに加速させていく予定です。更に、薬学部の他の先生方とともに新しい研究分野にも挑戦する所存でございます。

今後とも一層のご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

令和2年4月1日
岐阜医療科学大学 薬学部薬学科 生化学・分子細胞生物分野
教授 松原 守

退職のご報告

令和2年3月31日をもって京都先端科学大学を退職することになりました。

2006年4月にバイオ環境学部が開設されてからの14年間、多くの教職員、学生の方々に助けられてこれまで働くことが出来たこと、改めて感謝御礼申し上げます。

特にバイオ環境学部の教職員の皆様、バイオ環境学部の卒業生および在校生の皆様、本当にお世話になりました。皆様方との出会いや思い出はきっと忘れないでしょう。今でもその時々の場面が頭の中に浮かんできます。

本来であれば、お世話になった皆様方に直接お会いしてご挨拶をしなければならないのですが、このようなかたちでのご報告となりましたことをお詫び申し上げます。

退職後は地元の名古屋を拠点にして教育・研究に励んで参ります。

これからもどうぞよろしくお願いいたします。

京都先端科学大学の1年間

 2019年4月1日に京都学園大学から京都先端科学大学に大学名が変わった。それに伴って大学内にいろんな変化が起きた1年間であった。

 個人的には、4月1日付けで教育開発センター長に任命され、この1年間はその業務で忙殺された。特に新しく学修成果の可視化ということで全学的に学修ポートフォリオの構築を行わなければならなくなったので、その中心組織として教育開発センターが動かなければならず、センターの職員の方々と様々な議論をしながらこの3月にようやく目途が立った。なんとかセンター長の役割を果たせて良かった。

 教育・研究のほうでは、今年度は12名の卒論生が分子生物学研究室で配属され、そのうち6名の学生の指導をした。なんとか2月の卒論発表会では全員がポジティブな研究結果を発表することができて安堵している。
 そして、自分にとってはこの京都先端科学大学になっての1年がこの大学での最終年となってしまった。
 この3月末をもってこの大学を退職し故郷である名古屋で再出発をすることになった。
 
 在校生の皆さんには卒業まで見ることができなくなってとても残念であるが、遠くから皆さんの頑張りを見つめていきたいと思っている。
 こちらとの別れの際に様々な在校生や卒業生から色紙や記念品をもらい感謝してもしきれない。
 この大学でバイオ環境学部開設から14年間を走ってきて、これまで11期生にわたる素晴らしい卒業生を輩出できたのが何よりもの宝である。

  


2018年度終了

2018年度も今日で終了。
明日からは新年度で、大学名も京都学園大学から京都先端科学大学に変わる。
そういう意味で今日は京都学園大学の名前としては最後のブログということにもなるわけだ。

このブログもかなり休んでいたが、この1年は毎日が本当に忙しく、なかなか一日の終わりを振り返ることができなかった。
京都学園大学バイオ環境学部に来た時は、ほぼ毎日ブログを書いていたことを考えると、仕事量もかなり増えたということになる。そんな中でも本来なら毎日を振り返ってブログという形で書き直すこともしたかったが心の余裕がなかったともいえる。
新しい大学名になったことだし、以前よりはいろいろと発信していきたい。

今年の卒業生は記念すべき10期生で17人がこの3月に新しい道に飛び立った。
この1年は全体的には実験もかなりやってくれて、2月の発表会では全員がほぼカンペをみずに完璧にプレゼンをしてくれた。他の研究室ではなかなかそういう訳にはいかなかったので、我々の研究室の指導が非常に良いということになる(自画自賛で申し訳ないが)。
昨年度からは、あらたに准教授の寳関先生も来られて非常にうまく研究室がまわっている感じだ。そういう意味でこちらもやりやすい。
新4回生もやる気に満ちた学生が多いのでとても期待している。

ここ2年ほど入試では少し低調であったが、京都先端科学大学になるこの4月の新入生は、大幅に学科定員も超えて非常に良かった。この1年は入試プロジェクトなどを新体制で戦略をもってやってきたのでその成果が出たと言ってよい。以前は思いつきでやっていた感があり、無計画にやっていたので、それでは駄目だというのが逆に証明されてしまった感じだ。Dutyが多い割には成果が出ないというのが何年も続いていて非常に効率が悪かった。
いずれにしても新大学名での出だしが好調で安堵している。
カリキュラムも新しくなったので、いかに学生が成長して大学の目指すトンガリ人材になってくれることを願うばかりである。新カリキュラム作成に関わってきた自分としても責任があるので頑張って学生を育てていきたい。

専門実験の季節

2018年度が始まって約1カ月半。16人の4回生は就活や公務員や教員試験、大学院試験のための勉強に忙しくしている。

早い学生は現段階で内定をもらっているが、夏までは納得のいくまでやるようである。
昨年に続き今年も日本電産の内定をもらった学生がいるので研究室としては幸先が良い感じである。
あとは、学生それぞれが自分の目指す道に向かって結果を出すことを祈るだけである。

毎年のことだが、GWがあけて少し経つと3回生への分子生物学実験が始まる。今日がその初日であった。
今日はオリエンテーションだけなので30分程度で終わったが、この実験を行うにあたっての重要事項を細かく伝えた。学生のほうのリアクションは良かったのではと思う。来週からの実験がうまく進むかは、学生さんの前もっての実験書の読み込みと当日の実験の段取りにかかってくるだろう。こちらはしっかりと指導して全員がこの実習で何かを得ることができるように応援したい。
毎年行っている2日間の発表会も楽しみである。

卒論発表が終了

本年度の分子生物学研究室の卒業研究発表会は2月16日(金)にあり、15名の卒論生の発表が滞りなく終わった。それぞれの持ち味を出した発表だったと思う。
他の研究室の発表も聞いたが、どの研究室の発表よりもスライドや内容、プレゼンの仕方など勝っていた。それなりに練習した成果も出ていたと思う。
やはり4年間の集大成であるので、最後は一番の発表をしてもらいたいし、こちらも少しハードルを高くして指導している。
一番嬉しいのは、発表後に「自分でもいい発表ができだと思いました。指導有難うございました。」と言ってくれたことである。
毎年、最初は卒論発表に不安を持っても、発表後は自信を持ってやりきったという表情が滲み出ている。そういう姿をみてこちらも1年間卒研生を指導してきて良かったと感じる。

卒業式まで1ヶ月もないが、残り少ない大学生活を思う存分謳歌してもらいたい。

卒論も大詰め

2018年になって早いもので1か月以上経ち、4回生はいよいよ卒論発表が来週に迫ってきた。
一昨日あたりからスライドを修正しつつ発表練習も始まり、卒論発表までクオリティーを上げていくことになる。
昨年までは指導上の問題もあり実験できない学生さんもいて調査報告的な発表もあったのであるが、本年度は新しい先生も入って実験のほうは全ての学生がきっちりこなすことができた。もちろん実験量の幅はあり、物足りなさもあるけれど何らかのデータを持っているというのは本来の我々の学科の目指すところではある。
我々としてはそれを最終的には論文発表まで持っていって成果を出し、外へ発信するというのが重要となってくる。
今後、高校生の数もだんだんと少なくなり大学間、学部間の競争が激しくなっていく中で、アピールするものがなければ自然消滅していくのは仕方がない。そうならないためにも教員ができるところは努力しなければならない。
来週の発表が今の4回生にとって素晴らしいものになるようこちらもギリギリまで叱咤激励したい。

2017年もあっという間

今日は12月31日大晦日。この1年もあっという間に終わってしまった感じ。
12月に入ってConBio2017(神戸)学会があり、かなり前からやっていたパーキンソン病の原因タンパク質であるα-synucleinに関して予防医学的なアプローチの研究成果を発表した。興味をもってくれた方が多くとてもいい議論ができたので、さらに進めていい論文を書いていきたい。

学会では共同研究者をはじめいろんな方々と話すこともできるので、日頃教育やその他の業務で忙殺している自分にとってはリフレッシュできる機会である。今後も定期的に外に出かけて多くのことを吸収せねばと思う。

12月に入り沢井製薬さんのオウンドメディア「SCIENCE SHIFT(サイエンス シフト)」での連載も始まったので、この記事を書くのも結構大変である。5回連載があるので製薬企業を目指す学生さんらにとって参考になるような記事を書いていきたい。

うちの大学の学生さんらももっと製薬企業に目を向けてくれたらと思う。今年は研究室からそこそこの製薬企業にMRとして採用が決まった学生が出たので、こういう流れを続けていきたい。

今年は緑内障になったり、日々の疲れがなかなかとれなかったりと、少し年をとったというのを実感した1年であった。おそらく来年以降もこんな感じでやっていかなければいけないと思うが、今以上に健康に対する意識を高めて、休む時はしっかりと休んで質の良い仕事をしていきたい。

来年は良い年になりますように!

今年も残り1ヶ月

今日から12月ということで今年もあと1か月。この時期になると1年は本当に早いな~といつも同じようなコメントを書いている気がする。

最近は木曜日に午後から太秦キャンパスで看護学科の薬理学の授業が始まり、金曜日は生物実験もはじまるなどして忙しさも倍増である。

卒論も大詰めになってきているのでその面倒も見る必要があるので、毎日分刻みで動いている感じである。

慣れればどうもないのであろうが当分このような調子が続くだろう。

 

12月からは3回生の研究分属も決まり、今年は学生さんによってはすぐにでも実験したいということでやる気満々である。

 

4月から新しく来られた同僚の先生もかなりやる気であるので来年度に向けていい感じになっていく気配がある。

いずれにしても忙しさを理由にするのではなく、そんな中でも確実にいい仕事をしていきたい。