2017年度生命科学系学会合同年次大会(ConBio2017)で3演題発表します

2017年12月6日(水)~9日(土)まで神戸ポートアイランド(神戸ポートピアホテル、神戸国際会議場、神戸国際展示場、神戸商工会議所)で開かれる2017年度生命科学系学会合同年次大会(ConBio2017)で3演題発表します。

発表タイトルは以下です。

[2P-1082] 野菜抽出物によるパーキンソン病原因タンパク質α-synucleinの凝集阻害効果

〇松原 守1、井上 宮銘1、深見 治一2 (1.京都学園大・バイオ環境・分子生物、2.京都学園大・バイオ環境・食品機能)

 

[1P-1121] 老齢モデルマウスにおける振動振盪刺激による腰椎への影響

〇鬼頭 巧1、西井 一宏1、姚 潤宏1、寺西 利生1、杉山 智久1、酒井 一由2、松原 守3、山田 晃司1 (1.藤田保衛大・医療・リハビリ、2.藤田保衛大・医療・臨工、3.京都学園大・バイオ環境・分子生物)

 

[1P-1122] 骨密度低下モデルマウスを用いて骨粗鬆症を予防する新規刺激法の検討

〇姚 潤宏1、西井 一宏1、鬼頭 巧1、寺西 利生1、杉山 智久1、酒井 一由2、松原 守3、山田 晃司1 (1.藤田保衛大・医療・リハビリ、2.藤田保衛大・医療・臨工、3.京都学園大・バイオ環境・分子生物)

 

 

 

 

シリーズ特別講義Bで小野薬品工業の高田博士に話していただきました。

10月17日(火)に行われたシリーズ特別講義Bで、小野薬品工業の高田章博士に医薬品開発の現状や製薬企業の仕事内容に関して非常に分かりやすく説明していただきました。聞いていた学生さんらも非常に関心を持ったようでした。
高田博士は松原の大学の時の友人でもあり、こういう形で学生さんに素晴らしい話をしていただき企画した者としても非常に嬉しいです。
20171017_114245

インターンシップ先訪問

株式会社ファーマフーズで今週インターンシップをしているバイオサイエンス学科の3回生の様子を見に行きました。

ファーマフーズは共同研究をしている京都にあるバイオベンチャーであり機能性食品や最近では創薬事業も行っています。今回のインターンシップではまさに研究開発の現場を体験できるもので、私が訪問した時も開発中の機能性食品の細胞における機能解析ををインターンシップ学生が行っていました。

20170907_121331