日本薬学会第141年会で発表

日本薬学会第141年会(オンライン開催)において

「BASP1(brain acid-soluble protein 1)のN末端ミリストイル化ドメインは抗腫瘍活性を有する」

という演題で松原がポスター発表しました。

2019年度卒業式

本日、2019年度の卒業式を迎えた。
当初はみやこめっせで大学全体の卒業式が挙行される予定であったが、新型コロナウイルスの影響でキャンセルになり、各学部学科での卒業証書授与式という形になった。
バイオ環境学部は亀岡キャンパスでそれぞれの研究室ごとで教員から卒業生に卒業証書が渡された。
こちらにとってもこの大学での最後の卒業式ということで感慨深いものであった。

これまでの卒業生もかけつけてくれて、こちらの労をねぎらってくれた。感謝感激である。
30年ぶりにこちらも卒業証書をもらってしまった。

2019年度卒業研究発表会

2月13日、14日と卒業研究発表会があり、12名の卒研生が1年間の研究成果を発表した。
毎年ながら我々の研究室はカンペを見ることなく全員がしっかりと発表することを目標にしているのであるが、今年もほぼ全員が完璧な発表をしてくれた。
質問対応にはいささか問題もあったが、他の研究室と比べて出来は非常に良いものであった。
14日の夜は恒例の研究室の懇親会で盛り上がった。ちょうど卒研生のバイト先(西院にある居酒屋)ですることができたので、思いの外、美味しい酒なども出してもらえて大いに楽しむことができた。

最後には卒研生からの色紙を頂いて感無量であった。

今年度がこの大学での最後の卒業生ということで、とても印象に残る1年であった。