卒業研究発表会を行いました

2月16日(金)に2017年度の分子生物学研究室の卒業研究発表会を行いました。
多くの先生方、在校生が見に来ていて、質問も多くとても活発な発表会でした。
卒論生は4年間の集大成として個々の持ち味を出した発表をしていました。
夜は、お疲れ様会をして研究室での1年間の頑張りをお互い労っていました。

沢井製薬オウンドメディア「SCIENCE SHIFT」の連載第3回目です

明日を動かす学生のためのメディア「SCIENCE SHIFT(サイエンス シフト)」で第2回目を書かせていただきました。 今回はバイオベンチャーを立ち上げた体験記事です。

「バイオベンチャーに挑む。仲間とともに形にしていくプロセスを Vol.3」

http://scienceshift.jp/new-industries-and-biotechnology-03/

沢井製薬オウンドメディア「SCIENCE SHIFT」の連載第2回目です

明日を動かす学生のためのメディア「SCIENCE SHIFT(サイエンス シフト)」で第2回目を書かせていただきました。 今回は外資系製薬会社に勤めた時の体験記事です。

外資系製薬会社へ就職するということ 働きかた、厳しさとメリットとは Vol.2

http://scienceshift.jp/new-industries-and-biotechnology-02/

2017年度生命科学系学会合同年次大会(ConBio2017)で発表しました

2017年度生命科学系学会合同年次大会(ConBio2017)の2日目ポスター発表で

「野菜抽出物によるパーキンソン病原因タンパク質α-synucleinの凝集阻害効果」

の演題で発表しました。

発表時間をとおして多くの研究者と議論することができました。

特に野菜抽出物を用いた新たな取り組みには関心も高く、今後の展開を期待する声も多かったです。

引き続き面白い結果がでるように研究を進めていく予定です。

図1

沢井製薬オウンドメディア「SCIENCE SHIFT」での連載が始まりました

明日を動かす学生のためのメディア「SCIENCE SHIFT(サイエンス シフト)」で書かせていただきました。 製薬業界に興味ある学生さんらが対象ということなので、面白い情報を提供できるように頑張ります。

変革する製薬業界と新たな産業形成 〜バイオテクノロジーの世界 Vol.1

http://scienceshift.jp/new-industries-and-biotechnology/

 

2017年度生命科学系学会合同年次大会(ConBio2017)で3演題発表します

2017年12月6日(水)~9日(土)まで神戸ポートアイランド(神戸ポートピアホテル、神戸国際会議場、神戸国際展示場、神戸商工会議所)で開かれる2017年度生命科学系学会合同年次大会(ConBio2017)で3演題発表します。

発表タイトルは以下です。

[2P-1082] 野菜抽出物によるパーキンソン病原因タンパク質α-synucleinの凝集阻害効果

〇松原 守1、井上 宮銘1、深見 治一2 (1.京都学園大・バイオ環境・分子生物、2.京都学園大・バイオ環境・食品機能)

 

[1P-1121] 老齢モデルマウスにおける振動振盪刺激による腰椎への影響

〇鬼頭 巧1、西井 一宏1、姚 潤宏1、寺西 利生1、杉山 智久1、酒井 一由2、松原 守3、山田 晃司1 (1.藤田保衛大・医療・リハビリ、2.藤田保衛大・医療・臨工、3.京都学園大・バイオ環境・分子生物)

 

[1P-1122] 骨密度低下モデルマウスを用いて骨粗鬆症を予防する新規刺激法の検討

〇姚 潤宏1、西井 一宏1、鬼頭 巧1、寺西 利生1、杉山 智久1、酒井 一由2、松原 守3、山田 晃司1 (1.藤田保衛大・医療・リハビリ、2.藤田保衛大・医療・臨工、3.京都学園大・バイオ環境・分子生物)

 

 

 

 

シリーズ特別講義Bで小野薬品工業の高田博士に話していただきました。

10月17日(火)に行われたシリーズ特別講義Bで、小野薬品工業の高田章博士に医薬品開発の現状や製薬企業の仕事内容に関して非常に分かりやすく説明していただきました。聞いていた学生さんらも非常に関心を持ったようでした。
高田博士は松原の大学の時の友人でもあり、こういう形で学生さんに素晴らしい話をしていただき企画した者としても非常に嬉しいです。
20171017_114245

インターンシップ先訪問

株式会社ファーマフーズで今週インターンシップをしているバイオサイエンス学科の3回生の様子を見に行きました。

ファーマフーズは共同研究をしている京都にあるバイオベンチャーであり機能性食品や最近では創薬事業も行っています。今回のインターンシップではまさに研究開発の現場を体験できるもので、私が訪問した時も開発中の機能性食品の細胞における機能解析ををインターンシップ学生が行っていました。

20170907_121331