異動のご挨拶

令和2年4月1日付けをもちまして、岐阜医療科学大学に新設されました薬学部・薬学科の生化学・分子細胞生物分野の教授として就任しました。

京都先端科学大学・バイオ環境学部在職中は公私にわたり格別のご厚情を賜り心より御礼申し上げます。

岐阜医療科学大学は岐阜県唯一の医療総合大学として、これまで多くの優秀な医療人を輩出してきました。今回の薬学部設置を機に、より一層、地域医療に貢献する医療総合大学としての使命が高まることになります。また、薬学部新棟には最新の施設・機器が備わり研究面においても期待されております。

2020年に放映中のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」で紹介されているように、京都先端科学大学がある京都府亀岡市は明智光秀が亀山城を築城した街でしたが、岐阜医療科学大学薬学部がある岐阜県可児市は、なんと明智光秀が生誕したといわれている街ということで何か縁を感じています。

新天地におきましては、これまで培ってきた経験を生かし、微力ではありますが新学部の教育・研究のために全力を尽くす所存です。特に教育では、高度な知識を持った薬剤師を育てるとともに、薬剤師国家試験に全員合格という高い目標を掲げて取り組んでいきたいと思っております。また、研究においては、これまで取り組んできたオリジナル研究をさらに加速させていく予定です。更に、薬学部の他の先生方とともに新しい研究分野にも挑戦する所存でございます。

今後とも一層のご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

令和2年4月1日
岐阜医療科学大学 薬学部薬学科 生化学・分子細胞生物分野
教授 松原 守

退職のご報告

令和2年3月31日をもって京都先端科学大学を退職することになりました。

2006年4月にバイオ環境学部が開設されてからの14年間、多くの教職員、学生の方々に助けられてこれまで働くことが出来たこと、改めて感謝御礼申し上げます。

特にバイオ環境学部の教職員の皆様、バイオ環境学部の卒業生および在校生の皆様、本当にお世話になりました。皆様方との出会いや思い出はきっと忘れないでしょう。今でもその時々の場面が頭の中に浮かんできます。

本来であれば、お世話になった皆様方に直接お会いしてご挨拶をしなければならないのですが、このようなかたちでのご報告となりましたことをお詫び申し上げます。

退職後は地元の名古屋を拠点にして教育・研究に励んで参ります。

これからもどうぞよろしくお願いいたします。

京都先端科学大学の1年間

 2019年4月1日に京都学園大学から京都先端科学大学に大学名が変わった。それに伴って大学内にいろんな変化が起きた1年間であった。

 個人的には、4月1日付けで教育開発センター長に任命され、この1年間はその業務で忙殺された。特に新しく学修成果の可視化ということで全学的に学修ポートフォリオの構築を行わなければならなくなったので、その中心組織として教育開発センターが動かなければならず、センターの職員の方々と様々な議論をしながらこの3月にようやく目途が立った。なんとかセンター長の役割を果たせて良かった。

 教育・研究のほうでは、今年度は12名の卒論生が分子生物学研究室で配属され、そのうち6名の学生の指導をした。なんとか2月の卒論発表会では全員がポジティブな研究結果を発表することができて安堵している。
 そして、自分にとってはこの京都先端科学大学になっての1年がこの大学での最終年となってしまった。
 この3月末をもってこの大学を退職し故郷である名古屋で再出発をすることになった。
 
 在校生の皆さんには卒業まで見ることができなくなってとても残念であるが、遠くから皆さんの頑張りを見つめていきたいと思っている。
 こちらとの別れの際に様々な在校生や卒業生から色紙や記念品をもらい感謝してもしきれない。
 この大学でバイオ環境学部開設から14年間を走ってきて、これまで11期生にわたる素晴らしい卒業生を輩出できたのが何よりもの宝である。